パーソナルカラー診断:教える側になると視点が変わる!

パーソナルカラー診断をできる人になるため、来週のモニター診断に向けて、こんな色をあてたらどんな顔色になるか?などの細かい答え合わせをしました。


この1年、内面も色もファッションもご自分を探求してこられ、醸し出すオーラがとってもSさんらしくステキ✨になられたのですが


教える側になるというのは

「お客さま側に立ってみる」ということに変わります。

診断スキルはもちろんですが、一番は


「相手が今、一体何に悩み、何を望んでいるのか?」

それをわかりやすい言葉で説明して腑に落としていただく。


「自分が伝えたいこと」を一方的に話すのではなく

実は「相手の悩みを解決する」事の方がずっと大事なのです。


なので、同じカラー診断であっても一人一人相手によって今、必要な言葉がけは変わってきます。


もちろん、最初からうまくは言えないのですが^^

この「視点」を持ってお客さまに接しているかどうかで

これからのSさんの成長が変わってくると思っています。


とくにもかくにも、Sさん自身がご自身の成長を「楽しむ」事が一番の近道。


これから色んな方を診断していく中で、色んな経験をして欲しいなと思っています。