「食」に拘る理由

今まで自分自身にも家族にも何よりも「身体が大事」と身に染みてきました。 そう、色々と痛い目に合わないと本当の意味ではわかりませんでした。


子供の頃にちょっと変な病気にかかって何事も全力で出来ないメンタルになってしまったこと。

娘が大きな病気で手術を受けたこと。

仕事に没頭してしまうと徹夜してしまい睡眠が極端に少なくなってしまうこと。


特に仕事関して頑張り過ぎると、自ずと自分の身体と家のことは疎かに

そのツケは大きな代償を払うことに


こんな経験を何度も繰り返し、栄養とは?をしっかり学び

「無知は罪なり」と腑に落ちました。

特に母親である以上は。


それから

私は外で仕事が思いっ切りやりたい場合、逆に地味な日々の生活や習慣をより一層大切にする様に

毎日の日常の質を上げる事を徹底しました。


食事

運動

子供への声かけ


そして物を持ちすぎずシンプルに


年齢を重ねる毎に、自分なりにこの法則に気付いていきました。


ここを整えると今まで生きてきた中で一番元気に

今は体力に自信があります。


自分にはもっと可能性があり、これからもっと伸びることを知りました。

そして、自分が惹かれる人も中が磨かれている人に変わっていきました。


私のライフワークであるこの5年間月1回続けてきたお料理


今日はX'mas料理を むすがしそうな事をよりシンプルに

料理がニガテな人がどんどん変化していく姿はうれしいです。


私も周りもまだまだ進化の途中

小学校1年生の可愛い女の子が作ってくれました


全粒粉で作る簡単パン



無水焼き豚&玉ねぎソース


大根グラタン


ポテトツリーサラダ


手作りバター


ココア生地のクリスマスケーキ



いつも心地よいメンバーが来てくれます。