top of page

【No.122:骨格3タイプ:ウェーブタイプはどんな柄が似合う?】

「ファッションはエネルギー」 ~人生も仕事も大きく動かしたいあなたへ~

ファッション&現実シフトコンサルタント 川端 尚子です。

このメルマガを通して ファッション×宇宙法則×現実シフト この3つからアプローチしていきます。

あなたのファッションを構築をしていくのに必要な3つの軸とは

1.シチュエーション別 2.7つのアイテム 3.ベーシックカラー&アクセントカラー

2.7つのアイテム

・アウター ・トップス ・ボトムス ・ワンピース ・靴 ・バッグ ・アクセサリー 今日からまず

骨格診断の基礎理論として

3タイプ

The ストレート The ウェーブ The ナチュラル

を解説して そこから引き続き New骨格診断の+パーツ理論 ・身体のライン ・重心 ・お尻のカタチ ・肉質 ・骨っぽさ ・肩幅 ・首の長さ ・細めさん、太めさん を解説していきます。

今日も ウェーブタイプの詳細をご説明していきます。

「ウェーブタイプ」の基本となるKeyワード5つ 1.女性物とわかる装飾 2.柔らかい・伸びる素材 3.ウエストラインを上へ 4.柄 5.女性らしい足し算

昨日は 「ウエストラインを上へ」 についてご説明いたしました。 このウエストラインを理解することが ウェーブタイプの方にとっては スタイリッシュになるかどうかの決め手 になると言っても過言ではありません。 ちょっとしたウエストラインの位置だけで 寸胴に見えてしまうのか すらっとして見えるのか 大きな違いです! 一度、全身が映る鏡の前で、同じお洋服でウエストを上げたり下げたりして どう見え方が違うのか試してみて下さいね。

こういう練習ってファッションにはとっても大事な練習なんです。 今日は4つ目 4.柄 についてのご説明に入ります。

というと ・花柄 ・水玉 ・ストライプ柄 ・チェック柄 ・ヒョウ柄 ・ゼブラ柄 ・幾何学模様

などが代表的な柄ですが、無限にあります。 一方 無地は一色だけなので、色のイメージが強くなります。 ピンクは女性らしい ブルーは爽やか などです。 柄は無限にあるので 柄からくるイメージも無限にあります。 例えば 同じ色でもこんな 太めのストライプですと

「はっきりした」 「かっこいい」 「シャープ」 「男性的」

などのイメージが浮かびます。 それが 細いギンガムチェックになると

「優しい」 「可愛らしい」 「幼い」 「女性的」 なんてイメージが浮かびます。

こんな 小花柄だと、優しい印象の方が似合いそうですし

大胆な大きな花柄になると、ハッキリとした華やかな印象の方が似合いそうです。

柄によって似合う方が違ってくるのおわかりになりますでしょうか?

小花柄は ウェーブタイプの方が得意な花柄です。

大きい花柄は ウエーブタイプの方でも、より華やかなイメージをお持ちの方が似合われます。

優しいフェミニンな印象をお持ちの方は、この大胆な花柄に負けてしまう感があります。

他にも ・水玉 ・ギンガムチェック なども似合われます。

柄に関しては、骨格だけでなく、お顔の印象で似合う/似合わないが変わってくるので、お顔の印象のところで詳しく解説いたしますね。 柄物は、全体的にその柄がどんなイメージをもたらすか

それがあなたの目指したいイメージに合っているか? 個性を出せる部分でもあります。

クローゼットにおいては やはり、柄物は個性が強いので、無地よりどんな組み合わせでもOKと万能ではありません。 1回着ると、印象にも残りやすいので、毎日着れるファッションでもありません。

まず 「無地」で基本を揃えていって 「柄物」をアクセントに使うと スッキリクローゼットが目指せます。

明日は 女性らしい足し算 解説いたしますね。

では明日もお楽しみに♪

*********************************************** 【お友達にもこのメルマガをご紹介】 LINE@7日間無料LINEプログラム」からご登録可能です。 http://fashion-life.info/col/maillesson_form/

【FBお友達申請】 *メルマガ読者さんからのお友達申請は大歓迎です!  メッセージを添えてお送り下さいね♪ https://www.facebook.com/naoko.kawabata.98

【日々の写真】 HPの「My Gallery」に今まで撮りためてきましたファッション、インテリア、料理の写真を掲載しております。 https://www.fashion-life.style/my-gallery

【メルマガ解除方法】 LINEのメッセージに「メルマガ解除」と入力して送信下さい。

bottom of page